学校長

学校長あいさつ

 


21世紀を切り拓き

    世界へはばたけ

 

 

校長 奥田 邦夫

 
 本校は、今年度で創立118年の歴史と伝統を有する工業の専門高校です。「実践的な技術者育成型高校として、将来的に生産工程全体を見通す力を持てる人材の育成」を使命として掲げ、「ものづくり」への夢と使命感を持った、科学技術創造立国日本の次代を担う工業技術者の育成を目指しています。これまで、世に送り出した卒業生は約2万2千名を数え、国内外の様々な分野で活躍しています。
 平成29年度の学校教育目標を、「21世紀を切り拓く未来のスペシャリストを目指す『 志高き 自律心と思いやりの心を持った 質実剛健 倉工生』の育成」と設定しています。
 生徒にとりまして本校は、まさに科学技術創造立国として我が国の発展に寄与貢献できる人材となり、人類の幸福に貢献しようとする豊かな感性と志を磨き上げるための錬成育成の場であります。
 日々の教育活動をおいて、以下の4項目を重点目標として、校訓「真理探究」「質実剛健」「勤労努力」のもと、生徒と職員がチーム倉工として一丸となって日本一の工業高校を目指しています。
 
≪重点目標≫
1 授業5則に基づき規律正しい授業の確立と主体的に学ぶ態度やチャレンジ精神を
  育成するとともに、鍛えて、ほめて、創造力豊かで確かな学力の向上を図る。
 
2 世界にはばたく未来のスペシャリストとしての基礎的知識と技術・技能を
     習得させるとともに社会的・職業的自立に必要な能力・態度を育成する。
 
3 人権尊重のもと高い規範意識と自尊感情を有し、人や自然を大切にする心豊かな
    実践的技術者を育成する。
 
4 PTA・同窓会や地域との積極的連携を通して、社会の変化に対応し、社会を支え、その発
  展に寄与する安全・安心な学校づくりを推進する。
 
 工業高校としての本校の特徴としては、第一に授業の約半分が「ものづくり」を中心とする体験型の実験・実習の時間に充てられていることです。ここで、基礎基本となる技術・技能はもちろん、知的財産教育をはじめ、自動車・IT・環境・エネルギーなど、これからの日本の産業界をリードしていくために必要な最先成長産業の知識を知識や技術・技能を習得することができます。第二に約9割の生徒が本校を卒業後直ちに就職しています。そのため、挨拶や礼儀、マナー、コミュニケーション能力など社会人として必要な資質や能力・態度を在学中にしっかりと身に付けさせています。
 また、進路に関しては、皆さまもご存知のとおり、本校は質・量ともに満足いただける就職並びに進学の実績を誇っており、入学時から組織的・計画的な進路ガイダンスを行い、充実したキャリア教育を推進することで、すべての生徒の進路実現を果たしています。
 小・中学生の皆さん、保護者の皆様や先生方、そして地域の皆様方も、いつでもどうぞお気軽にご来校ください。心からご来校を歓迎しております。