校歌・応援歌・校章・校訓
学校校歌

小倉工業高校  校歌 一  北九州の活天地     文化の春にめぐまれて      希望にもゆる健男子     標幟をいかに人は見る 二  落し来れる天柱の    槌に飛び散る虹の花      鍛えて堅き黒がねの    意志の力をためすべく 三  空を劈く稲妻の     秘密を奪う動力を      正義に勇む糧として    向上の路たどるべく 四  ああ玄海の浪も聞け   ああ鎮西の山も見よ      自然の大を師と呼びて   意気天を衝く大丈夫を

 
 
第一応援歌  篠崎の里

一  篠崎の里に 秋立ちて 七草野辺に 咲き出でぬ
    いでやあたりの  強者と  鎬を削らん  今此処に

二  見よや鍛えし  黒鉄の  腕によりかけ  球とりて
    球戦場裡に  出で立てる  雄々しき勇士  懼れずや

三  打ち出す球に  霊ありて  高く低く  右左
    電光石火の  早業に  驚き開く  敵の陣


 
 
第二応援歌  紅の旗

一  攻めよ逸れよ 我が健児  阿修羅の如く 雄叫びて
    花切り乱せ  太刀風に  冴えたる腕を 験すべく

二  我が青春の 脈管に 奔走止まぬ  熱血の 
    迸出此処に 染めなせる 紅の旗 君見ずや

三  嵐望める 蛟龍の 機を待つなる  呑牛児 
    昇天の意気 見よや見よ  龍門低く 空高し


 
 
 
校 訓
 
 真理探究 ・・・・・ いつどんなときにも変わることのない正しい物事の道筋、
              真実の道理を学び、理解し、自らのものに出来るよう
              探し求めること。
 
 質実剛健 ・・・・・ 高校生らしく、飾りけがなく、質素で誠実、そして、
              心身が強くたくましいこと。
 
 勤労努力 ・・・・・ 体を使うことをいとわず、奉仕の精神を持ち、心身を
              労して学業や高校生活に励み、常にそのために
              力を尽くしてのぞむこと。
 
 
 
校 章
 
 
 校章の構成
   1:工業の工の字の部分
   2:桜の花の部分
   3:工の字の中央のペン・剣と結び帯の部分
 
         校章の由来
		 開校当初、校章も帽章もなかったことから、在校生に呼びかけて
		デザインを募り、色々な案が出たなか、最後に水田氏がまとめたと
		伝えられている。